島の研修プログラム検討スタート!

淡路島で研修プログラムの検討をスタートさせました。

その第一弾、フィールドは、
淡路島の南東、船で10分程度の位置に浮かぶ島、沼島!
『古事記』『日本書紀』によれば、
天つ神がイザナギとイザナミの2人の神に国造りを命じ、
2人の神は天の浮橋に立って、授かった矛で混沌とした世界をかき回しましたそうです。
潮をゴロゴロと鳴らし、引き上げた矛の先から落ちた雫が固まって「おのころ島」ができました。
この島にイザナギとイザナミの二神が降り立って、
夫婦の契りを結び御柱と宮殿を建て、国土づくりを始めたそうです。
まず淡路島を生み、続いて四国、隠岐島、九州…最後に本州を生んだという話しが残っています。
その最初の島「おのころ島」は諸説ありますが、この沼島であるとも言われているそうです。

国生みの伝説が残る島で、
どんな研修ができるのでしょうか?!

沼島を訪れて、現地で以前より考えていたアイデアについて打ち合わせをしてきました。
これはオモシロくなりそう。。。

乞うご期待!

写真2       写真

Posted in 沼島「0から」研修プログラム, 研修企画.