洲本で観光&研修プログラムを実施しました!

IMG_5989

 

先日、神戸、大阪で眼鏡を販売する事業者様の
淡路島観光をかねた1泊2日の社員研修を実施しました!

プログラム内容はざっくりとこんな感じです。

・・・・・

・自分を振り返るワークショップ①
↓↓
・ピザ窯研修
↓↓
・自分を振り返るワークショップ②
↓↓
・洲本呑み屋研修

・・・・・

自分を振り返るワークを挟みながら、
ちょっと変わったフィールドワークを組み込んでいます。

振り返りは気持ちのよい気候だったので、
屋外の広場で行いました^^

IMG_5973

ピザ窯研修では、
ざっくりとした窯の作り方の資料をみながら、
「あーでもない、こーでもない」と、
自分たちで耐火煉瓦をくみ上げて窯を作り、
薪に火をつけて窯を完成させます。

普段の仕事場とは違った作業を、
上下関係なく一緒にチームになって進める中で、
慣れたスタッフさん同士でもいつもと違った雰囲気が流れ、
新しい関係性の発見を促します。

IMG_5979

面白い結果が出たのは、
1回目の自分や会社を振り返るワークで抽出された内容を、
各自ピザの具材で表現してもらう!というもの。

ピザの右側に「今の自分」、左側に「今の会社」を表現してもらいました。
これがなかなか個性が出て面白い。

IMG_5989

一人づつ、各々のピザのコンセプトを説明して、全員でシェアします。

IMG_5992

ホルモンのシマチョウや小魚の甘煮が盛り付けられたピザなど
「これは食べられるのか・・・」と不安になるピザも登場しました(苦笑

IMG_6070

ちなみに、

シマチョウ=「かめばかむほど味がでる会社」
小魚の甘煮=「自分はまだ小魚程度で甘い」

といいうことを表現したそうです(笑

ピザを食べた後は、
ホテルに戻ってまた違う視点での振り返りのワークを行います。
その後、洲本呑み屋研修へ!!

これは、自分自身が呑み屋のカウンターでの様々なコミュニケーションの中で、
多くのことを学んだ経験から、こういったプログラムを作っています(笑

今回は難しいテーマはなく、
一人で好きなお店に入って店主の方を中心に話をしながら、
そこのお店、或いは人につていの情報を仕入れてくるうようなワークとしました。

1つのテーマをもってワークを進める中で、
テーマとは違った学びが個々にあることもしばしばです。
呑み屋研修ではどのような会話が繰り広げられるかは、
そのお店の店主やスタッフの方、居合わせた隣のお客さんなどに左右され、
どんな学びがあるかもそれぞれです。

フィールドワーク中は、lineを使って各自がどのお店に入って、
どんなものを食べているのか、どんか人と会話をしているのかを
常にシェアし、各自の動向が全員に分かるようにしました。

洲本の呑み屋に散ったあと集合時間と場所を決めて、
再度集まり各自がどのような会話、体験をしてきたのかをシェアします。

はじめての一人呑みの方もいたのですが、
店主の方が自分にメッセージを書いてくれた人もいれば、
となりのお客さんがお酒をおごってくれた人も出てきたりと、
うまくコミュニケーションをとれたようです。

IMG_6116

研修を通して、普通の観光では入り込みにくい地元の居酒屋などに
入り、洲本でのなじみの店に変えていく。
1つ階層の深い観光も兼ねたワークとなりました。

最後は、翌朝に中原水産のしらすの釜揚げ丼を食べて、
そのまま出社されました!!
かなりハードなスケジュールでした(笑

IMG_6047

今回の研修では「楽しみの中から学びや新たな関係性をみつける」を目的とした、内容でプログラムを組んでみました。
研修を受けて下さったみなさんに何かしらの学びや気付きがあればいいのですが^^

 

 

 

 

 

Posted in 研修企画, 観光企画.